愛するという気持ち(くらし)

No.22
e0366272_17020890.jpg



私には大切な人がいます。
とってもとっても愛しい大切な人がいます。
この人が目の前から居なくなったら私はどうなるかわかりません。怖いです。考えただけでも震えがとまらないのに想像すらできません。
私からみたらとても強くて慎重で行動力がある人。ご自分の弱さをみせてくれてもいいのにと思うけれども、私には弱さをみせられません。私に度量がないから。だけど横にいることはできます。しんどい時横に座ってることはできます。
私には何もさらけだしはしないけれど、私はその人の側にいたい。会えるときは、ただ横にいたい。
この人が居なくなったらなんて私は、想像ができません。
だから、お互いに後悔ないように、きちんとぶつかりあい大切に生きるなんて軽い言葉はだせません。
ただひとついえるのは、その人がとても大切にされている事柄、物や人のことは例えば見たことなくてもお会いしたことなくても、愛しく大切になぜか思えています。
もしも居なくなったことを早く昇華できるとしたら自分だけではなく相手も相手の大切なものヒト全てを愛しく大切に扱いながら一瞬一瞬を生きることだと思えます。



第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-26 03:30 | Blog