心の在り方① (くらし)

No.3

まず、気持ちの持ち方を題材に書き綴ろうと思います。

私は、いつも白黒つけて生きてきました。今もそんな時があります。
私は、6歳のときに体育の授業中の事故で左半身に麻痺が残っています。

それからずっと、こんな私だけど、絶対普通の人ができること全部やる。
って思って暮らしてきた。いつも闘ってきた。
普通みんなが出来ることは、全部しようと思った。全部した。片手だってできる。
絶対できるねんってやってきた。
受験、勉強、編み物、雪山登山、一人旅、恋愛、就職、ボランティア、旅行、外食
結婚、昇格、マンション購入
何でもしてきた。

全部できた。
親も友だちもみんな喜んでくれたし、やればできるやん。って思えてとてもよかった。
充実していた。
e0366272_15073575.jpg


つづく



日々の出来事 シンプルライフ




第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-04 14:00 | TA