TA(交流分析)って何?

e0366272_10230149.jpg


TAは、Transactional Analysisの略です。だから、交流分析として訳されてきました。
これは、アメリカの精神科医だったエリック・バーンが1950年代に創始した心理療法です。
そして「個人や組織グループの成長や変化のためのシステマティックな心理学」で、可視
化できるためわかりやすい心理学です。精神医学から発達し、児童の発達理論、パーソナ
リティ理論、コミュニケーション理論、教育理論、組織理論など数多くの分野で研究され
ていて今なお進化し続けていて、活用できる分野も多いのも特徴です。又図式化され説明
されるため、今ここで起きていることを理解しやすい心理学です。思考、感情、行動も整
理されるため自己理解、他者理解も容易となり、行動変容に繋がります。

シンプルライフ 日々の出来事




[PR]
by cuddle-japan | 2017-06-10 09:00 | TA | Comments(0)

No.43
e0366272_18251665.jpg


急に結膜炎になりました。
つかれてかかったのかしら。




疲れてる時って、色々なことが起きる。
ビジネスパートナーと揉めています。
なんか疲れました。
訣別するなら訣別してもいいのかな。
そんな風にも思えてきた。
相手がいないとできない訳でもないしなぁ。

いつも、これからって時にわいわい言い出す。
疲れた。

これも、岐路なんかな。
[PR]
by cuddle-japan | 2017-03-21 09:44 | Blog | Comments(0)

非日常と日常の境界

No.28
e0366272_17311464.jpg

こんにちは。昨日は、満月でしたね。
私は、先日、下北沢のライブハウスで行われた椎名恵さんのライブ。
e0366272_20262275.jpg
かっこよかったです!!
「love is all」
懐かしすぎた!!

その前にHPやパンフに入れる私の写真を撮影しました。
素人が笑ってと言われると混乱することが判明しました。
全く笑えなかったです。

でも、非日常を体験できた一日でした。

e0366272_17200888.jpg

非日常を体験するということは日常を再するということ。今の当たり前の日々が、なんて居心地がよくてなんとも楽で楽しいものなんだろうと認識できました。
本当にいい経験でした。

日々の出来事








[PR]
by cuddle-japan | 2017-02-12 17:00 | Comments(0)

No.14


e0366272_17020890.jpg

少し、落ち込んでいます。というか悩んでいます。

やりたい。やるんだ。と思って進んでいることに対しての不安。
信じていることに対しての不安。
このまま、何も動けなくて終わるんじゃないかという不安。
でも、言われていることはよくわかるし、理解できます。

ある人がポジティブになろうよって言われました。
なるためには、ネガティブであろうと考え抜かない
といけないこともあると思うのです。

それひっくるめてポジティブだと思います。
ネガティブ過ぎてもダメかもしれないし、
ポジティブすぎてもダメかもしれません。

適度にポジティブ適度にネガティブでありたいです。

基本的にネガティブ思考の私の意見です。

e0366272_16553254.jpg


第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-17 17:15 | Comments(0)

No.10

自分の感覚・感情っていうものを感じつくす。
e0366272_00115218.jpg
凄くむつかしいことでした。「貴女は、自分のことを知らない」「なんか、黒いものを感じる」とか言われた。そんなこと言われても知らないし・・・、もっとはっきり言ってよと思った。裏の気持ちを読めないので本当に言われていることがわからなかった。

これって自分本位だよね。













[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-10 12:50 | TA | Comments(2)

No.8

私、今までとてつもなく悲しいこと辛いことが沢山おこりました。悲しみを乗り越えようとしました。本当にもがきました。強くあろうと無意識にしました。今も時々強くあらねばって思います。でもね、乗り越えることなんてできない。うまく表現できないけれどそれでも、乗り越えようとすればするほどできなくなったんです。

でも、なぜか今心穏やかなんです。

e0366272_16304884.jpg
理由はうまく説明できないけれど、色んなことあったけれど今じゃないって思えたからかなと思います。どうして思えたか・・・。自分の中に可哀そうな私があったけれど無くなった?無くなりかけたからだと思います。自分の尺度で物事をみていたんだろうなと思います。人も自分も信じていなかったんだろうなと思います。

それでも、そんな自分も自分。そうでなければ生きていけなかったから。

e0366272_15543539.jpg
今は時々もやもやすることもあるけれど悲しいことは悲しいし、楽しいことは楽しいんだと思います。楽しい気持ちは間違いないし、それでいいだと思えたこともきっかけだと思います。だから、悲しみを感じてもいい。と思えたんだと思います。


日々の出来事 シンプルライフ



第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-08 09:00 | Blog | Comments(0)

No.7

小伝馬町にある鮨やさん 「寿司富
時々いって食べます^^
人情に溢れています。


e0366272_09495051.jpg

伺った日
カウンターに座り食べていると
ご夫婦らしいお客さんが…。
人形町と小伝馬町巡りをしていて、「小伝馬町っていえばここと言われたんできたんですよ。」と。それまで私や別のお客さんと話していたご近所の神社の話しから、大将の親友がご主人の従兄弟さんだったこと、お母さまや他の兄弟さんとも繋がっていて、、、。

察するところ少し疎遠になっている親戚さん。少しガードがあったけれど、(入っていくんだけど)ずかずか踏み込まなくて、きちんとした距離感。でも最後には心の距離が緩んでご親戚とここにまた来ようかなと言われたこと。なんか心が温まりました。

e0366272_15362261.jpg

関西人の私は、実は大阪や神戸の下町の距離感が苦手です‼親が関西人じゃないから実家にかえると普通に関西弁にならない私です。社会人になって大阪配属で以降一貫して大阪だった私。神戸が好きを再認識した私。でも、自分で事業をするにあたって選んだ土地は東京。大阪ははじめから頭になかった。神戸だった。生まれ育った神戸。中学高校時代の元町の山の手側。海の手側も好きだけど、やっぱり諏訪山公園~山本通り~異人館のあたりが大好きです❗

なんか、話が逸れました。

そんな私は、隣の芝生が青すぎる方が多い大阪、尼崎があまり好きじゃなくて、この距離感の東京砂漠の距離感が心地いいんです。でも大将と話していて、ずかずか入りすぎず近い距離感覚が心地いいと気がつきました。

まだまだですが、私もそうなれるようになろうと思います。
e0366272_10583007.jpg

そして、大将に教えられたことおかげさまなんだということ。私は講師や講演をしていて、いつも思うのは、一段上にいるように錯覚していないかと悩むこと、「人を喜ばせよ」をもっている私。だから⚫⚫してあげたいと思いすぎて、「これやった方がいいよ」とか「この方が役に立つよ」ってもしかしたら、お節介で上から目線で話がちになる。

小さい時、苦手な学校の先生がいました。私がわかっていることを上から話しされてシャッターを閉じたこと。だから、講師や講演をしていて私は偉くなったつもりになっているんじゃないのかなとか相手が嫌な気持ちにさせているんじゃないかと悩んでいました。

でも、大将との会話で気づかされました。で思い切って大将に話したら、「皆さんのおかげで話させていただけているて思ったら?」おかげで今があるんですよね。大将の人情味好きです。

私も人情味がある人になります。

おかげさま 心に刻みます。


日々の出来事 シンプルライフ



第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-07 16:00 | Blog | Comments(0)

No.6



e0366272_23320423.jpg
私が心に決めていることがあります。
うまくいえないけれど“自己本位にならない”こと

ついつい○○してあげたいとかに私はなるんです。

だから、注意しています。

〇〇してあげたい…。ってもしかしたら上に立っている
のかもしれないと思ったから。
目の前の人が自分で考えて動かないと
納得感がないかな動かされ感というか、
操作され感があるかもしれないと
思ったんです。だから注意しています。

昨日、人と話していて本当にそう思ったんです。
その人を目指したいと思いました。

すべてにおいて感動と共感
必要だと改めて思いました。






第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-06 00:00 | Blog | Comments(0)

No.5

e0366272_19271370.jpg
昨日のブログの続きです
そんな自分の生きてきた生き方は否定しません。
だって、あの時私はそうしないと生きていけなかった。
頑張って頑張って、出来るできるって鼓舞していないと
自分が保てなかった。体不自由でもできるやん、
出来てるやんって自分で思わないと生きてこれなかった。
以前の考え方生き方を強く否定されたし、好まれる生き方
じゃなかったかもしれない。でもね、そうしないと自分を
保てなかった。普通の人ができることは全部やるねん。
やりたいことは全部やるねんってやってきた。人より勝った
らうれしかった。こんな私でも出来てん、出来た時の喜びは
図りしれなかった。

私、息苦しかった。腹を割って話せる人はいなかった。
努力して完璧に出来ないと自分じゃないのだから素の自分は
出せなかった。出し方自体知らなかった。今もわからない。

何が私を変えたのだろう。

後悔はしたくない。今目の前の人と一生懸命関わろうと思った。
100%目の前の人を信じる。信じ切っていたら相手も信じて
くれていた。

完全じゃないのが人なんだから、そんな完璧じゃない自分を
受け入れる。それと同時に完全に憧れて完全を目指してきた
自分も受け入れる。
受け入れるというか抱きしめる。抱きしめて包み込む。

今もずっともがいている途中です。



つづく


日々の出来事 シンプルライフ




第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-05 09:00 | TA | Comments(0)

No.3

まず、気持ちの持ち方を題材に書き綴ろうと思います。

私は、いつも白黒つけて生きてきました。今もそんな時があります。
私は、6歳のときに体育の授業中の事故で左半身に麻痺が残っています。

それからずっと、こんな私だけど、絶対普通の人ができること全部やる。
って思って暮らしてきた。いつも闘ってきた。
普通みんなが出来ることは、全部しようと思った。全部した。片手だってできる。
絶対できるねんってやってきた。
受験、勉強、編み物、雪山登山、一人旅、恋愛、就職、ボランティア、旅行、外食
結婚、昇格、マンション購入
何でもしてきた。

全部できた。
親も友だちもみんな喜んでくれたし、やればできるやん。って思えてとてもよかった。
充実していた。
e0366272_15073575.jpg


つづく



日々の出来事 シンプルライフ




第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-04 14:00 | TA | Comments(0)