契約打ち切りを考える


No.36
e0366272_16321329.jpg

先月末、とある契約先から4月以降の契約更新なしという通告を受けた。
私自身、単価は低いけれど、月の中で一番関わっていた仕事です。
正直、落ち込みました
納得がいかない理不尽な事も正直飲みこんできました。

郷に入れば郷に従えというのもわかります。しかし、この場ではハッキリ
伝えてほしいといわれていたので、伝えました。

何かあったらNPOだから・・・。その言葉に少しイライラしました。
だから、更新なしで良かったんだと思います。

e0366272_16250160.jpg

昨日、関西時代にお世話になっていた恩師:TA教育研究所/円正寺住職の石山陽圓先生、そして直井純子さん達が杉並で行ったワークショップに参加しました。
久し振りの先生たち、それ以外は皆仲間(友だち)~っていう空間。どう自分をこの空間に適応させていこうかと一瞬考えてしまっていました。
そして、自分のポジションをみつけそこにいようとする・・・。でも他のポジションにも移行する。そんなこんなしながら場に適合していくのです。

そのスピードが早い。やはり安心安全の場。TAでいう3つのP【許可】と【保護】と【効力】がある場

※Permission:許可

自分に変化を許しているのか、変化のための/変化しないための環境を作っているのか。

【補足】

変化しなくていいんです。そんな自分も受け入れてくれる・・・

※Protection:保護

自分自身を身体的に保護しているのか、自分自身を精神的に痛めつけていないか、道に迷わないようにスケジュールや目標といった安心できる道筋があるか。

【補足】

きちんと納得できる流れがあったりこの人たちなら大丈夫・・・と思える?

※Potency:効力

自分自身を信用できるか。知識の裏づけ、タイミングのつかみ方、自分自身への誠実さ、他の人とのよい関係を築いているか...

【補足】

この人たちは自分自身にとって効力はある?

私にとってそんな場です。

そしてこれは、組織やグループ作りにも活用される理論です。

ココ東京でも関西で行っていたTA心理学のセミナーを開催していく事にしました。

e0366272_16210614.jpg
でした。でしたのブログですが、なんか心がざわざわします。

日々の出来事 シンプルライフ













[PR]
by cuddle-japan | 2017-03-05 16:00 | Blog | Comments(0)

非日常と日常の境界

No.28
e0366272_17311464.jpg

こんにちは。昨日は、満月でしたね。
私は、先日、下北沢のライブハウスで行われた椎名恵さんのライブ。
e0366272_20262275.jpg
かっこよかったです!!
「love is all」
懐かしすぎた!!

その前にHPやパンフに入れる私の写真を撮影しました。
素人が笑ってと言われると混乱することが判明しました。
全く笑えなかったです。

でも、非日常を体験できた一日でした。

e0366272_17200888.jpg

非日常を体験するということは日常を再するということ。今の当たり前の日々が、なんて居心地がよくてなんとも楽で楽しいものなんだろうと認識できました。
本当にいい経験でした。

日々の出来事








[PR]
by cuddle-japan | 2017-02-12 17:00 | Comments(0)

No.14


e0366272_17020890.jpg

少し、落ち込んでいます。というか悩んでいます。

やりたい。やるんだ。と思って進んでいることに対しての不安。
信じていることに対しての不安。
このまま、何も動けなくて終わるんじゃないかという不安。
でも、言われていることはよくわかるし、理解できます。

ある人がポジティブになろうよって言われました。
なるためには、ネガティブであろうと考え抜かない
といけないこともあると思うのです。

それひっくるめてポジティブだと思います。
ネガティブ過ぎてもダメかもしれないし、
ポジティブすぎてもダメかもしれません。

適度にポジティブ適度にネガティブでありたいです。

基本的にネガティブ思考の私の意見です。

e0366272_16553254.jpg


第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-17 17:15 | Comments(0)

No.7

小伝馬町にある鮨やさん 「寿司富
時々いって食べます^^
人情に溢れています。


e0366272_09495051.jpg

伺った日
カウンターに座り食べていると
ご夫婦らしいお客さんが…。
人形町と小伝馬町巡りをしていて、「小伝馬町っていえばここと言われたんできたんですよ。」と。それまで私や別のお客さんと話していたご近所の神社の話しから、大将の親友がご主人の従兄弟さんだったこと、お母さまや他の兄弟さんとも繋がっていて、、、。

察するところ少し疎遠になっている親戚さん。少しガードがあったけれど、(入っていくんだけど)ずかずか踏み込まなくて、きちんとした距離感。でも最後には心の距離が緩んでご親戚とここにまた来ようかなと言われたこと。なんか心が温まりました。

e0366272_15362261.jpg

関西人の私は、実は大阪や神戸の下町の距離感が苦手です‼親が関西人じゃないから実家にかえると普通に関西弁にならない私です。社会人になって大阪配属で以降一貫して大阪だった私。神戸が好きを再認識した私。でも、自分で事業をするにあたって選んだ土地は東京。大阪ははじめから頭になかった。神戸だった。生まれ育った神戸。中学高校時代の元町の山の手側。海の手側も好きだけど、やっぱり諏訪山公園~山本通り~異人館のあたりが大好きです❗

なんか、話が逸れました。

そんな私は、隣の芝生が青すぎる方が多い大阪、尼崎があまり好きじゃなくて、この距離感の東京砂漠の距離感が心地いいんです。でも大将と話していて、ずかずか入りすぎず近い距離感覚が心地いいと気がつきました。

まだまだですが、私もそうなれるようになろうと思います。
e0366272_10583007.jpg

そして、大将に教えられたことおかげさまなんだということ。私は講師や講演をしていて、いつも思うのは、一段上にいるように錯覚していないかと悩むこと、「人を喜ばせよ」をもっている私。だから⚫⚫してあげたいと思いすぎて、「これやった方がいいよ」とか「この方が役に立つよ」ってもしかしたら、お節介で上から目線で話がちになる。

小さい時、苦手な学校の先生がいました。私がわかっていることを上から話しされてシャッターを閉じたこと。だから、講師や講演をしていて私は偉くなったつもりになっているんじゃないのかなとか相手が嫌な気持ちにさせているんじゃないかと悩んでいました。

でも、大将との会話で気づかされました。で思い切って大将に話したら、「皆さんのおかげで話させていただけているて思ったら?」おかげで今があるんですよね。大将の人情味好きです。

私も人情味がある人になります。

おかげさま 心に刻みます。


日々の出来事 シンプルライフ



第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-07 16:00 | Blog | Comments(0)

No.6



e0366272_23320423.jpg
私が心に決めていることがあります。
うまくいえないけれど“自己本位にならない”こと

ついつい○○してあげたいとかに私はなるんです。

だから、注意しています。

〇〇してあげたい…。ってもしかしたら上に立っている
のかもしれないと思ったから。
目の前の人が自分で考えて動かないと
納得感がないかな動かされ感というか、
操作され感があるかもしれないと
思ったんです。だから注意しています。

昨日、人と話していて本当にそう思ったんです。
その人を目指したいと思いました。

すべてにおいて感動と共感
必要だと改めて思いました。






第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-06 00:00 | Blog | Comments(0)