心の在り方② (くらし)

No.5

e0366272_19271370.jpg
昨日のブログの続きです
そんな自分の生きてきた生き方は否定しません。
だって、あの時私はそうしないと生きていけなかった。
頑張って頑張って、出来るできるって鼓舞していないと
自分が保てなかった。体不自由でもできるやん、
出来てるやんって自分で思わないと生きてこれなかった。
以前の考え方生き方を強く否定されたし、好まれる生き方
じゃなかったかもしれない。でもね、そうしないと自分を
保てなかった。普通の人ができることは全部やるねん。
やりたいことは全部やるねんってやってきた。人より勝った
らうれしかった。こんな私でも出来てん、出来た時の喜びは
図りしれなかった。

私、息苦しかった。腹を割って話せる人はいなかった。
努力して完璧に出来ないと自分じゃないのだから素の自分は
出せなかった。出し方自体知らなかった。今もわからない。

何が私を変えたのだろう。

後悔はしたくない。今目の前の人と一生懸命関わろうと思った。
100%目の前の人を信じる。信じ切っていたら相手も信じて
くれていた。

完全じゃないのが人なんだから、そんな完璧じゃない自分を
受け入れる。それと同時に完全に憧れて完全を目指してきた
自分も受け入れる。
受け入れるというか抱きしめる。抱きしめて包み込む。

今もずっともがいている途中です。



つづく


日々の出来事 シンプルライフ




第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by cuddle-japan | 2017-01-05 09:00 | TA